土壌汚染調査などで暮らしの安全を考えてみましょう

男の人

エコな生活を送る

地熱発電

風力を使ったり、太陽光を使ってエネルギーを確保する方法が有名ですが、地中熱利用という方法で安定したエネルギーを確保することができます。グリーンエネルギーに興味があるかたは是非見てください。

Read More

まずは相談しよう

井戸

さく井工事を考えている方は、やはり工事の費用や方法などは気になることでしょう。自分で調べてもあれこれ出てきて余計にわからなくなることがあります。まずは専門の業者に相談してみるのもいいでしょう。

Read More

経験者に頼む

メンズ

近年のDIY人気から自分で井戸掘りにチャレンジする方が増えてきています。ですが、ただ掘れば良いものではなく、それなりの経験と知識が必要です。自分一人でやる前にまずは業者に依頼しましょう。

Read More

簡単に調べられる

工事現場

土壌汚染調査というと、国の専門機関が行う大規模な調査を想像する方が多いと思われますが、実は一般の家庭でも実施することができます。近年話題の健康ブームに乗じて一般の方で土壌汚染調査を依頼する方が増えてきているといいます。
近年、化学工場や自動車工場跡地を開発する際に、土壌汚染が確認される例が多くなってきています。排水から有害物質が漏れて流れてきたり、不法投棄や間違った処理のせいで土壌が汚染されることが増えてきています。これは土壌だけではなく、地下水などが混じり、海や川に流れ出し更に汚染を拡大する恐れがあります。汚染の影響で人間にも被害がでることから土壌対策汚染法が施行されるようになりました。土壌や畑などが汚染されて、健康に影響がないかを調べる機関もあります。有害物質は26の物質が定められていますが、これからも新たな有害物質が出現する可能性もあります。また、調査が必要な場合としては土地の売買をしたり、行政からの指示や単純に心配な場合など様々です。土壌汚染調査の流れとしてはまず調査機関に問い合わせてから、計画を立てます。依頼者の希望にそえるように検査の項目や回数についてしっかり相談できますので安心です。その後調査員が来てサンプルを採取していきます。依頼者が自らやりたいと行った場合にはあらかじめ必要な容器などを送付します。サンプルを取ったら分析をしますが、分析は項目や数によって変わり、基準値を大きく越すような場合は速やかに報告します。分析後に証明書など書類を作成し依頼者の元に届けます。
土壌汚染調査は専門の方に頼めば意外と簡単にできてしまします。安心して暮らせるように自宅の調査を依頼してみるのもいいでしょう。